MoriKen's Journal

MoriKen's Journal

アラサー社会人博士による徒然日記。技術についてつらつら。だけだとコンテンツが貧弱なので、会社公認で大学院博士課程に進学した経緯や、独学でTOEICを475→910にしたノウハウを共有します。最近アメリカ MBA(経営学)大学院もはじめました。

出会った英語スラング表現集

Sponsored Link

英語のドラマや映画等で出会ったスラングや慣用句をつらつら綴っていきます。

慣用句

10-4

意味

了解

使われ方の例

無線通信で与えられた指示に対する返し。Roger that と同様の使い方。

bells and whistles

意味
  1. 〔安っぽい〕装飾品、アクセサリー、飾り 添えもの、余計なもの
  2. 〔製品などの〕付属品、おまけ(extras)
  3. 《コ》〔絶対に必要ではないが製品として豪華に見せるための〕オプション機能、付加機能、付加プログラム
使われ方の例

主要な話で盛り上がっているとき、まぁそんな細かい話どうでもいいじゃん、っていうときに使っていた。

dick

意味
  1. Richard のニックネーム
  2. 〈俗〉刑事
  3. 〈俗〉ばか者、愚か者、あほ、間抜け、能なし
  4. 〈俗〉嫌なやつ

holy shit

意味

おいおい。やべーよ。

使われ方の例

興奮しているときに使う。ネガティブでもポジティブでも使われてるっぽい。

Now you're talking

意味

そうこなくっちゃ

使われ方の例

今度から絶対お前も連れてくよ、に対する返し。

shizzle

意味

shit のスラング

使われ方の例

駄目なものを指すときに使われていた。